臨床工学技士科 BLOG

2018.08.16 (木)臨床工学技士科

臨床工学技士の仕事内容とは?~透析室編~

今回のブログでは、
「透析室」での臨床工学技士の仕事をご紹介します。

透析室は『人工透析』という治療を行う場所です。

Ⅰ.人工透析とは?

腎臓は体のなかの不要な物質と水分を排出するための臓器で、
この腎臓の機能が衰えてしまう病気のことを腎不全と呼びます。

腎不全を放置すると息苦しくなるなど命の危険があります。

人工透析は透析装置を用いて患者の不要な物質と水分を除去する治療です。

Ⅱ.透析の仕組み

人工透析のシステムは以下の4つから成り立っています。

1. 人工透析に用いる薬剤(透析液)作成装置
2. 透析液供給装置
3. 個人用監視装置
4. 透析回路

このうち、1.2.3を「透析装置」と呼びます。

臨床工学技士が使用、保守を行う人工透析のシステムの概要

 

Ⅲ.臨床工学技士の仕事内容

1.透析装置のメンテナンスや点検を行います。

2.治療を始める準備として透析回路の組み立て(プライミング)を行います。

3.患者さんの個人用監視装置および、血液回路を操作して、透析を開始します。

この際、患者さんの血管に穿刺(*1)を行います。

(*1)患者様から透析回路へ血液を取り出すために、毎回血管へ針を刺す必要があります。
これを穿刺といいます。
そして、患者さんの血管は大量の血液を常に取り出すための手術がなされており、
これをバスキュラーアクセス(下図)といいます。

動脈と静脈を手術でつないであります。これに穿刺をします。

 

4.透析開始から終了までは一般的に4時間かかります。この間に患者さんの様子や装置の監視を行います。

5.個人用監視装置を操作し、透析終了操作を行います。

Ⅳ.仕事のやりがい

1. 穿刺は技術力が問われます。

2. バスキュラーアクセスはトラブルをおこしやすいため、
普段から患者の穿刺を行う技士がいかに早く異常を見つけ、検査や治療につなげるかが大事です。

3. 患者さんの多くは1回4時間を週3日治療を行います。
同じ患者さんと長く関わるので、より深いコミュニケーションをとることができます。

4. チーム医療です。治療方法や検査結果の説明を患者さんに行い、
透析の方法や薬の処方を行うのは医師の仕事で、
その医師の指示に従って人工透析を実行するのが看護師や臨床工学技士です。

ただし、医師だけですべての患者さんのことを把握するのは困難で、
透析患者さんも一人ひとり処方の仕方が異なります。

患者さんにとってより身近な存在である看護師や臨床工学技士が医師と話し合いを行います。

また、臨床工学技士が治療内容について患者さんに直接説明することも多いです。

臨床工学技士の透析室の業務は、、、

①患者さんに直に接する仕事(コミニュケーションが楽しい)+装置の仕事(工学の知識が生かせる)です。
②比較的ルーチン業務なので、仕事面、プライベート面両方について比較的スケジュール管理がしやすいといえます。

姫路医療専門学校のオープンキャンパスでは透析に関する模擬授業を行っています。
また、実際にプライミングや穿刺を体験することもできますよ。

▼オープンキャンパスに興味がある方はこちら

▼1~2分の動画で仕事のことを知りたい方はこちら

▼カリキュラムや仕事内容について詳しく知りたい方はこちら

▼学校案内がほしい方はこちら

  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

【交通】JR姫路駅東口より歩行者専用デッキで徒歩4分
※JR姫路駅東口からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士専科<昼間部2年制>
※4年制大学卒業(見込)者対象