学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校

そもそも作業療法士とは
どんな仕事?

高齢者や障害を抱える方が
その人らしい生活や
生きがいを支援するリハビリのスペシャリスト。

「作業療法」とは着替え・トイレといったセルフケアから、家事や仕事・趣味まで、日常のあらゆる活動を通じて身体の回復や精神状態の改善などを図り、自立した生活へと導いていくリハビリテーションの手法の1つです。作業療法士は、障がいの程度や目標に合わせた「作業療法」を患者さんと共に考え、その人らしい生活を共に作り出していきます。

その方らしい生活を
取り戻せるために、
患者さん一人ひとりの状況に合う
「作業」を提案。

作業療法士は、こどもから高齢者まで、病気やけがをした方やからだやこころの障がいをお持ちの方など幅広く、
様々な状況に応じてその方に合う「作業療法」を行います。

  • 急性期の作業療法
    主に基本的能力を
    改善します
    病気やけがの初期の段階で、早期のリハビリテーションを開始する時期。 症状に合わせて、心とからだの基本的な機能の改善を援助するとともに、新たな機能の低下を予防します。具体的には自助具などを利用して食べる練習やトイレにて乗り移りの練習などを行います。
  • 回復期の作業療法
    主に応用的能力を
    改善します
    病気やけがの状態が安定し、機能や能力の改善が認められる時期。生活をしていくために、不足している機能を獲得し人それぞれに応じた生活の方法を習得します。具体的には在宅に帰ってからの生活のために、服や靴の着脱をする練習など身の回りのことだけではなく、調理や散歩などの応用的な活動の練習も行います。
  • 生活期の作業療法
    主に社会的適応力を
    改善します
    個人の生活を中心に援助を行う時期。社会のなかで、人それぞれが生きがいを見つけ豊かに生きるための生活の実現を図ります。またその人らしい生活を送れるように、安心して過ごす場や仲間づくりの場を提供します。具体的には、仕事場に近い環境での社会復帰練習や自分の好きな趣味を行い生活を楽しむ援助を行います。

Voice職場の方々の声

医療法人任寿会石川病院
作業療法士巣守 悟先生

知識・技術・人間性を備えた
「質の高い作業療法士」の育成を
期待しています。

作業療法士は、勉強だけでなく、趣味やスポーツ、世代の違う人々との交流など、様々な経験が糧となる仕事です。幅広い経験が、患者さんとの関係を築く上での基盤となるので、学生の間は是非いろんな経験を積んでください。今、作業療法士は「質」を問われる時代。姫路から知識・技術・人間性を備えた「質の高い作業療法士」を数多く輩出されることを期待しています。

復井診療所・介護老人
保健施設オパール
作業療法士嘉数 鈴香先生

人の役に立ちながら、
自分自身が成長できる仕事です。

作業療法士を選んだきっかけは中学3年生の時、父が入院したことがきっかけで、作業療法士の仕事を知りました。それまで「リハビリ=キツイ訓練」というイメージでしたが、作業療法は患者さんの好きなことをベースに楽しくリハビリができる。「私に向いている!」と思いました。

作業療法士を目指そう 作業療法士科 3年制作業療法士を目指そう 作業療法士科 3年制
  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

【交通】JR姫路駅東口より歩行者専用デッキで徒歩4分
※JR姫路駅東口からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士専科<昼間部2年制>
※4年制大学卒業(見込)者対象