学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校

言語聴覚士とは
どんな仕事?

「話す」「聴く」「食べる」
生きる喜びに直結する
リハビリを行う医療国家資格です

言語聴覚士とは

私たちは生まれながらに、自然と耳で音を聞きながら「言葉」を覚える能力があります。しかし、何らかの原因で生まれつき言葉の学習が困難であったり、事故や病気でコミュニケーションが困難になった方、食べ物がうまく摂れなくなった方に対して医師の指示に基づきリハビリを行うのが言語聴覚士です。
患者さんは小さなお子さまから高齢者の方まで幅広い年代の方が対象。具体的には発声、発音、聴覚、認知、嚥下(飲み込み)、発達などの機能回復を行います。これらの障害を持つ患者さんは、見た目では障害があると分からないため、他の方から理解されにくいこともあります。言語聴覚士は、そんな患者さんの不安な気持ちに寄り添い、心と心をつなぐ橋渡し。ご本人やご家族とともにその方らしい生活や人生の回復をめざして支援しています。
言語聴覚士は1997年に国家資格となった医療職の中でも比較的新しい仕事です。有資格者は全国で約30,000人ほどで、これからの高齢社会の中でますます活躍が期待されています。

言語聴覚士の仕事内容

  • ことばの訓練
    声を出すことやスラスラと話すことが難しい方に対して、評価・訓練を行います。声帯や唇、舌など運動機能の回復も行います。
  • 聴こえの訓練
    聞こえの障害(聴覚障害)のある方に、検査や補聴器・人工内耳のリハビリテーションを行います。高齢者の難聴音には、聴力検査や補聴器の適合訓練をしていきます。
  • 飲み込みの訓練
    食事がうまく摂れない摂食嚥下障害の方の状態の把握、食事時の観察・訓練を行います。口や舌の動かし方の指導や筋力負荷訓練を行うこともあります。
  • こどもへのリハビリ
    ことばの発達の遅れや対人関係が困難なお子さまに対して「ことばやコミュニケーションへの関心」を育てます。単語や文法、文字などことばの獲得を支援します。
  • 記憶の訓練
    会話が理解できない、記憶力が衰えるなどの患者さんに対して、図形のカードや積木などを用いて心理や知能の検査、会話訓練を行います。

言語聴覚士が活躍できるフィールド

赤ちゃんから高齢者の方まで対応する言語聴覚士は、総合病院、リハビリテーション病院、クリニック、介護老人保健施設、療育施設、放課後ディサービスなど医療機関だけでなく福祉や教育機関などでも求められています。
今後は、高齢化社会に伴い、在宅での生活を目標としたリハビリの必要性が高まります。
通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションといった分野でも、言語聴覚士の活躍するフィールドが広がってきています。

言語聴覚士の1日の流れ

働く場所やシフトによって違いはありますが、一般的には朝から夕方までの勤務となります。
急患の対応ではなく決まった時間に訓練をすることが多いので、1日の流れが比較的決めやすくなります。
夜勤がほとんどなかったり定期的に休みが取りやすい仕事なので、働きやすい環境です。

<病院勤務の例>

  • 8:30-

    医師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、他の医療スタッフとミーティング行い、患者さんの状況確認や情報共有をします。
    他のスタッフが患者さんにどのようなことをしているのか知ることができ、スタッフ同士の伝達がスムーズになります。

  • 9:00-

    午前中の訓練を始めます。
    日にもよりますが、数名の患者さんを見ることが多いです。

  • 12:00-

    患者さんがきちんと食事ができているか、食べている物は今の状態に合ったものなのか、量は適量なのかなどを判断する「食事評価」を行います。

  • 13:00-

    昼休憩

  • 14:00-

    午後も午前と同様に複数名の患者さんを訓練します。
    夕方の時間になると、小学校から下校してきたお子さんの訓練をすることもあります。

  • 17:00-

    訓練が終了すると患者さん一人ひとりのカルテを書き、患者さんの状態の把握、次はどんな訓練を行うか計画を立てます。

<療育施設勤務の例>

療育施設とは:療育とは、「治療」と「保育・教育」を合わせたもの。
障害のあるお子さんが入所および通いながら、社会的に自立できるように、生活に必要な知識技能を専門的なプログラムを通してトレーニングする施設。

  • 8:30-

    スタッフ同士で利用者さんの状況確認や連絡事項を共有します。

  • 9:00-

    午前中は、外来患者さんのリハビリを数名行います。

  • 12:00-

    利用者さんが食事をうまく摂れているか、食べる姿勢は正しいか、などをチェックします。

  • 13:00-

    昼休憩

  • 14:00-

    午後からは、施設に入所している利用者さんのリハビリを数名行います。
    子どもの場合、少人数制のグループホームの中で子どもの反応や状況を細かく観察します。

  • 17:00-

    お子さんの様子をカルテに記入し、引継ぎの準備や翌日のリハビリの計画を立てます。

<放課後デイサービス勤務の例>

放課後デイサービスとは:障害のある主に小学生~中学生が、放課後や学校休業日に通い、生活力向上のためのプログラムを行う施設。
掃除や料理など日常生活に必要な力を養うところや、運動や楽器・絵画などの独自プログラムを行っているところなど施設ごとで様々な取り組みを行っています。

  • 10:00-

    スタッフミーティングで、当日来られる方の確認、実施するプログラムの準備を行います。

  • 10:30-

    夏休みなどの長期休みには午前中からプログラムが行われることもあります。

  • 12:00-

    昼休憩

  • 13:00-

    放課後に来る児童たちの対応準備を行います。

  • 15:00-

    決まったプログラムのほか、自由遊びの時間や宿題をする時間など数時間の中で様々な取り組みを行います。
    その中で、一人ひとりの児童の発達段階や個性にあわせて目的を持って指導にあたります。

  • 17:00-

    保護者の方がお迎えに来られ、児童たちが帰宅すると片付け、引継ぎを行います。

言語聴覚士のやりがい

兵庫県立リハビリテーション
西播磨病院
言語聴覚士岡村 佐和子先生

患者さんと一緒に達成感を味わうことができる仕事です。

日常生活の中では、ごく自然である「話す」「聴く」といったコミュニケーションや「食べる」ことなどに携わるリハビリです。
この当たり前であることの大切さを実感できる仕事であるからこそ、訓練によって改善された時には、患者さんと共に達成感を味わうことができる「やりがいがある仕事」です。

兵庫県立リハビリテーション
西播磨病院
言語聴覚士三島 瑠美子先生

生きる喜びに直結するリハビリだからこそ感動の大きい仕事です。

嚥下障がいの患者さんがよく言われるのが「食べることがこんなに楽しいことだったんですね」ということ。
ごく自然な動作だからこそ、再び出来るようになった喜びは計り知れません。
そんな感動を患者さんと分かち合えるのが、この仕事の魅力です。

医療法人社団 西宮回生病院
言語聴覚士宇野 美幸先生

言語聴覚士は、人の役に立ち、感謝され、それを喜びと感じられる仕事

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)、嚥下障害(えんげしょうがい)、認知症など様々な症状の方に対して治療・訓練を行うので、その人に合った訓練方法を考えたり、先輩や他職種スタッフの方とコミュニケーションを取りながら働いています。

言語聴覚士に向いている人とは

01.人と接することが好きな人

言語聴覚士は、1対1で患者さんと向き合う仕事です。「話すことが得意」でなくでも大丈夫。
相手の言うことにじっくり耳を傾けられる聞き上手な方、人と接することが好きな方は長所が活かせる仕事です。

02.子どもの発達に興味がある人

言語聴覚士が働く場所の中に、小児リハビリを専門にしたところがあります。
ことばの発達やそのお子さん自身の成長を一番近くで見られるので、子どもと関わる仕事に興味がある方はやりがいを感じられる仕事です。

03.心理に興味がある人

患者さんは、「これからどうなるんだろう」という不安をお持ちで、悩みを相談したくてもことばが出ない事があります。
言語聴覚士は、そんな「声にならない不安」をお持ちの方々に寄り添うので、心のケアに興味がある方はその力が活かされます。

04.「手に職」の証。国家資格を活かして働きたい人

医療の仕事は、医師、看護師、薬剤師、医療事務など様々あります。
「テキパキ働くよりもじっくり患者さんと向き合いたい」「できれば夜勤がない仕事が良い」など、自分がどんな働き方をしたいかを考えてみてください。
言語聴覚士は、女性が活躍できるよう産休・育休制度が充実しています。
国家資格を取り一生「人の役にたつ仕事」がしたい方は、言語聴覚士に向いているかもしれません。

言語聴覚士のなりかた

言語聴覚士として働くには、国家資格を取得することが必要です。国家資格を取る方法は、一般的には大きく分けて3つのルートがあります。

一般教養も含め幅広い学問を学びたい方やカリキュラムや学生生活など自主的に行い方は4年制大学、できるだけ早く国家試験に挑戦し、就職してキャリアを積みたい方は最短2年制・3年制の学校が候補となるでしょう。
※姫路医療専門学校には、
高校卒業者対象の「言語聴覚士科(3年制)」と
大学卒業者対象の「言語聴覚士専科(2年制)」があります。

言語聴覚士の国家試験について

言語聴覚士の国家試験は、年に1回開催されます。
言語聴覚士の学校では、国家試験を受験するために必要な科目を、講義や演習・実習で学びます。

開催時期毎年2月
開催場所北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
試験内容基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学
試験形態筆記試験(5肢択一式)
試験問題数200問(午前中100問、午後100問)
合格基準120問以上
合格率新卒受験者:91.3%
(既卒者含む全体:79.3%)
※2018年2月実施国家試験結果

姫路医療専門学校の特徴

2018年4月に姫路駅前に誕生した新しい学校の学びの特徴をご紹介します。

  • 01

    最新の校舎・設備を整備。充実の学習環境の中、プロをめざします。

  • 02

    高齢者住宅や保育園が入った医療・福祉の施設が隣接。実習先がすぐそこに。

  • 03

    校内に本物の臨床現場である「ことばと発達の相談室」を設置。

  • 04

    高校卒から入学できる3年制と大学卒から入学できる2年制を併設。

  • 05

    段階的かつ豊富な実習時間を設けたカリキュラムで、現場に強い言語聴覚士をめざします。

  • 06

    担任制で、学生生活や就職、国家試験など万全のサポート体制。

姫路医療専門学校に入学した
先輩の声

言語聴覚士を目指して日々学んでいる
姫路医療専門学校の在校生をご紹介します。

言語聴覚士科
兵庫県立福崎高等学校出身浅田 夏生さん

人と人をつなぐ掛け橋になりたい

私が通っている歯医者で、口と舌の正しい使い方を教えてもらい、
それを専門にリハビリする仕事があると聞き興味をもちました。
言葉は、人にとってもっとも身近で基本的なコミュニケーションの手段です。
しかし、事故や病気の後遺症で舌がうまく使えなくなるとコミュニケーションをとることが
困難になります。
私はそんな人たちの力になり、人と人をつなぐ掛け橋になりたいと思います。
姫路医療専門学校は、最新の設備・機器が完備されており、充実した学習環境だと思いました。

言語聴覚士科
入学前:介護業界勤務井上 誠司さん

  • 専門学校卒業
  • 介護職
  • 入学

介護職から言語聴覚士へ

入学前は介護福祉士として老人保健施設で勤務していました。
食べることができない方に対して専門的なことができなく、
何とかサポートしたいという気持ちを持ちました。
また、父が脳梗塞の後に失語症となり、コミュニケーションが取れない苦悩とその父に対して
どう接してよいか分からずにいた母の姿を見て、患者さんやその家族の悩みを
和らげることのできる医療従事者になりたいと思い、言語聴覚士を志望しました。

言語聴覚士科
川上 紗恵子さん

  • 短期大学卒業
  • 保育士
  • 入学

保育士の経験を活かして言語聴覚士へ

入学前、保育士として働いていたときに発達障害のお子さんと関わることがありました。
言語療育の研修に参加したときに言語聴覚士の存在を知り、子どもの発語をサポートできる人になりたいと思い、
言語聴覚士をめざしました。入学前は、仕事を辞めて入学することや年代が違うクラスメイトと上手く関われるか、
不安がありました。実際に入学すると同じような経験をしている人がいてみんなお同じ目標に向かって勉強しているので、
毎日良い刺激を受けています。

言語聴覚士科
明石市立明石商業高等学校出身敷田 歩美さん

いちはやく国家資格に挑戦でき、就職できる3年制を選びました

祖父が病気になった時に言語聴覚士の方にお世話になったことがきっかけで、目指すようになりました。
大学や4年制の学校もあったのですが、一般教養を学ぶより、目指す資格の勉強を専門にできる方が
自分に合っていると思ったことと、1年生で勉強し始めてから国家試験本番までできるだけ短い時間で
復習したかったこと、そしていち早く就職できることが3年制に決めた理由です。

言語聴覚士科
兵庫県播磨高等学校出身垣本 美桜さん

新しい学びができる環境だと思いました

母が病院で働いており、どんな仕事なのかを聞いたことが興味を持ったきっかけです。
人と話すことが好きなことや、声帯に興味があったことから
言語聴覚士をめざしたいと思いました。
校舎の隣にある施設を利用して子どもから高齢者まで多世代で交流できる「多世代交流プログラム」に魅力を感じ、姫路医療専門学校で学びたいと思いました。

言語聴覚士科
兵庫県立農業高等学校出身平田 あゆさん

プロの先生の姿を見て将来の目標が明確になりました

オープンキャンパスで現役の言語聴覚士の先生のお話を聞くことができ、病気の症状や
専門用語を駆使されており、その姿はとても格好よく「こんな風になりたい」と思いました。
いくつかの仕事で迷っていた時に入学事務局の方が相談にのってくださり、
色んな情報を教えてくださったことが印象に残っています。

言語聴覚士科
兵庫県立赤穂高等学校出身脇坂 拓紀さん

患者さんに寄り添った言語聴覚士に

私は小学校のときに入院した際、医療に携わる方をたくさん見てきました。
いとこに軽度の構音障がいがあり、リハビリを受けているなかで
担当の先生は子どもがリハビリ中に飽きさせないように工夫してくれていると聞きました。
その結果、構音障がいは改善され、叔母が大変喜んでいました。
いとこを担当してくれた先生のように、
一人ひとりに合ったリハビリができる力をつけたいと思っています。

言語聴覚士専科
中野 克哉さん(入学時 24歳)

  • 大学卒業
  • 介護支援員
  • 入学

介護の経験を活かして言語聴覚士へ

入学前は障がい者施設で介護支援員として働いていました。
これから自分の人生を考えた際、40年以上今の職場で働けるかどうか分からない。
もし仕事を変えなければならないのであれば、早くに国家資格を取って安定した仕事がしたいと
考え仕事選びを始めました。今の職場の利用者の方に、話せない、理解できない、
聴こえないなどの障がいを持つ方がおられます。言語聴覚士の力があれば、
そういった方の気持ちが理解できるようになるのではないかと思い、言語聴覚士を目指しました。
姫路医療専門学校で学ぶことで、少しでもコミュニケーションが取れ、障がいを持つ患者さん、
その家族の力になりたいと考えました。

言語聴覚士専科
三浦 佳奈さん(入学時 22歳)

  • 大学卒業
  • 入学

大学で学んだ心理学を活かしたい

大学で学んだ心理学や高次脳機能障害についての知識を活かし、
言語聴覚士として働きたいと考えています。
大学3年生のときに言語聴覚士を知り、患者さんの心に寄り添いながら、
より良い生活が送れるようサポートするという点に魅力を感じ、興味を持ちました。
大学生活で、実習や講義のレポートに取り組む中で身につけた分析力なども
役立つのではないかと思い、言語聴覚士を目指しました。
姫路医療専門学校には、臨床現場を想定した実習室があり、校内にいながら
現場を体感できるので、実践力がつき自信を持って臨床実習に臨むことができそうだと
思いました。

言語聴覚士専科
さん

  • 大学卒業
  • 介護職
  • 一般職
  • 入学

介護職から言語聴覚士へ

入学前、介護職として働いていたときに、ことばや食事の障害がある方がおられました。
そうした人が話ができたり食事が摂れたときとても嬉しく感じ、困難を抱える人の役にたちたいと思い言語聴覚士をめざしました。
姫路医療専門学校は新設校だったので、オープンキャンパスでは入試や学費はもちろん、どんな先生がいるのかなど
細かいところまで教えてもらいました。やるかやらないか迷った時は、とりあえずやってみる。
僕は、「腹をくくるしかない!」と思って一歩踏み出しました。

言語聴覚士を目指そう 言語聴覚士科 3年制言語聴覚士を目指そう 言語聴覚士科 3年制

言語聴覚士を目指そう 言語聴覚士科 3年制言語聴覚士を目指そう 言語聴覚士科 3年制

言語聴覚士科

言語聴覚士専科

言語聴覚士科・言語聴覚士専科ブログ

  • 2018年09月20日(木)

    言語聴覚士専科◆初めての見学実習に行ってきました

    詳細へ
  • 2018年09月07日(金)

    大学進学を考えていた在校生インタビュー【国公立大学より専門学校が自分に合っていた理由】

    詳細へ
  • 2018年08月31日(金)

    校舎内『ことばと発達の相談室』担当☆子どものリハビリ専門の橋本先生インタビュー

    詳細へ
  • 2018年08月08日(水)

    数百万人の患者さんが待っている!言語聴覚士の将来性について

    詳細へ
  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

【交通】JR姫路駅東口より歩行者専用デッキで徒歩4分
※JR姫路駅東口からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士専科<昼間部2年制>
※4年制大学卒業(見込)者対象