学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校学校法人神戸滋慶学園 姫路医療専門学校

言語聴覚士になりたい人へ言語聴覚士科3年制

「話す・聴く・食べる」 その人らしい生活の維持・向上を支援する、かけがえのないスペシャリストを育てます。

変化する医療現場の求めに応え、「話す・聴く・食べる」など生きる喜びに直結するリハビリを行うスペシャリスト。
専門知識・技術を身につけ、患者さんの心に寄り添える豊かな人間性を身につけた言語聴覚士を育てます。

定員
40

コミュニケーションが困難な患者さんの心に
寄り添える豊かな人間性を育みます。

姫路医療専門学校の言語聴覚士科の学びのPOINT

現場に強い言語聴覚士を育てるために、患者さんに来校いただいたり、
校内に本物の臨床現場として「多世代交流プログラム」や「ことばときこえの相談室」があるなど、様々な方との交流できる環境があります。

最短3年間で現場で活躍できる言語聴覚士をめざす。

1年ごとの教育目標を明確にして、科目間連携を強化した
カリキュラム構成です。「今」、現場で求められている力と
ともに、主体的に考える姿勢やプロとしての身構え・気構え・
心構えを兼ね備えた言語聴覚士を3年間でめざします。

「多世代交流プログラム」で養うコミュニケーション。

校舎に隣接するフィットネスジムや健康・医療・福祉の複合施設の利用者の方々との「多世代交流プログラム」を通じて、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方とコミュニケーションが取れる力を身につけます。自分と異なる年代の考え方や価値観などを共有し、患者さんと信頼関係を築けるような人間力を身につけます。

担任制で手厚いサポート。

本学科は担任制で一人ひとりを細やかにサポートします。学生生活や授業、国家試験についてなど、すぐに相談できる担任がいることで、安心して勉学に励んでいただけます。また、学科を超えて全教職員が皆さんに寄り添い、時期ごとに必要な気づきや課題を解決していき、充実した学生生活になるようサポートします。

Curriculum言語聴覚士科 カリキュラム

1年次には「話す」「聴く」「食べる」ことや、その障がいと患者様の生活について学びます。
2年次には、小児から高齢者までの様々な障がいとその検査・訓練について、長期現場実習で各症例に応じたアプローチを身につけます。
3年次には、2回目の長期現場実習で患者様への適切な評価、訓練を実施し、言語聴覚士の一連の業務を実践して、
即戦力として活躍できる力を身につけます。また国家資格合格を目指します。

  • 1年次:基礎知識とコミュニケーション

    心理学、カウンセリング、コミュニケーション学、プロ道I、臨床心理学、生涯発達心理学、学習認知心理学、失語症I、言語発達障害学、言語聴覚障害診断学、見学実習ほか

  • 2年次:検査・訓練の技術を学ぶ

    失語症Ⅱ、高次脳機能障害学Ⅱ、言語発達障害学Ⅱ、音声障害、機能性構音障害、器質性構音障害、運動障害性構音障害Ⅰ・Ⅱ、嚥下障害Ⅰ・Ⅱ、吃音、小児聴覚障害、プロ道Ⅱ、臨床実習Ⅰほか

  • 3年次:実践力を養い、国家試験準備

    一般臨床医学、解剖学、関係法規、社会保障制度論、プロ道Ⅲ、言語発達特論Ⅰ〜Ⅳ、臨床実習Ⅱほか

Field言語聴覚士が活躍する領域

言語聴覚士の働くフィールドは幅広く、様々なケースの子どもから高齢者、障がいをお持ちの方の「話す・聴く・食べる」を支援します。

Voice言語聴覚士教員からのmessage

言語聴覚士科教員今岡 康人先生

言語聴覚士は相手の方の立場を考え、心に寄り添うことが求められる職業です。
患者さんやそのご家族の心の声をしっかり聞いて、
ともに働く医療スタッフを含めた、
回りの方から信頼される人間になってほしいと思います。
本校は3年/2年かけて段階的に学べるカリキュラムで、
あらゆる現場に対応できる力や、皆さんの可能性を伸ばしていきたいと思っています。
そしてテクニカルスキルだけでなく、人と人を結ぶ「架け橋」になれる
言語聴覚士になってほしいと思っています。

言語聴覚士科専任教員清田 由希先生

こんにちは!言語聴覚士科専任教員の清田由希と申します。
日々生活する中で、コミュニケーションをとること、食べることは欠かせないことです。
社会の中には、それが出来なくなって困っている方がたくさんいらっしゃいます。
言語聴覚士は、そんな方たちを支援する「話す」「聞く」「食べる」のスペシャリスト。
困っている方の心に寄り添い、訓練をしながら障害が改善されていく喜びを
分かち合える、やりがいのあるお仕事です。
学校生活のこと、国家試験のこと、就活のこと等なども、
全力でサポートしていきたいと思います!
皆さんと、楽しく勉強できる日を楽しみにしています。
一緒に言語聴覚士の夢を、叶えましょう!!

National Examanation国家試験について

1年次からじっくり学び、
合格に向けて徹底的にサポート

国家試験に合格するには、試験の傾向をよく知ることに加え、効率的かつ継続的な対策の積み重ねが重要です。
模擬試験と結果分析により苦手科目の克服など1人ひとりに応じたサポート体制で合格へ導きます。
また、本校では、滋慶学園グループの国家試験センターのサポートを受けることができます。

全国にある専門学校の学校・学科の枠を越えた学校間の連携が可能で、
インターネット上で自分の好きな時に学べる「J-WEB」システムを使用することができます。
また、同じ分野を教える学校同士が協力し、試験の傾向、学生の能力・動向といった情報を収集・分析。
最適なカリキュラムと学習法を構築し、全員合格を目指して国家試験に向けた授業のサポートを行います。

Voice入学予定者の声

2018年4月に入学予定の方に、言語聴覚士に興味を持ったきっかけや将来の目標などをお伺いしましたのでご紹介します。

Kさん(加古川市・女性・18歳)

母が病院で働いており、会話の中で「PT・OT・ST」という言葉を聞いており、どんな仕事なのかを母から聞いたことが興味を持ったきっかけです。人と話すことが好きなことや、声帯に興味があったことから言語聴覚士(ST)という仕事に向いているのではないかと思い、学校を調べました。子どもから高齢者まで多世代で交流できる「多世代交流プログラム」に魅力を感じ、姫路医療専門学校で学びたいと思いました。気配り目配り心配りができる、人間力の高い言語聴覚士を目指します。

Iさん(姫路市・男性・37歳)

介護福祉士として老人保健施設で勤務しています。嚥下障がいの方がおられ、食べることができない方に対して専門的なことが何もできなく、何とかサポートしたいという気持ちを持ちました。また、父が脳梗塞の後に失語症となり、コミュニケーションが取れない苦悩とその父に対してどう接してよいか分からずにいた母の姿を見て、患者さんやその家族の悩みを和らげることのできる医療従事者になりたいと思い、言語聴覚士を志望しました。

Aさん(姫路市・女性・18歳)

私が通っている歯医者で、口と舌の正しい使い方を教えてもらい、それを専門にリハビリする仕事があると聞き興味をもったことが目指したきっかけです。私は人と話すときに言葉を大切にしています。言葉は、人にとってもっとも身近で基本的なコミュニケーションの手段です。しかし、事故や病気の後遺症で舌がうまく使えなくなるとコミュニケーションをとることが困難になります。私はそんな人たちの力になり、人と人をつなぐ掛け橋になりたいと思います。姫路医療専門学校は、最新の設備・機器が完備されており、充実した医療環境だと思いました。

Wさん(赤穂市・男性・21歳)

私は小学校のときに入院した際、医療に携わる方をたくさん見てきました。将来を考えた時にそのことを思い出し、国家資格を持って働ける職業に就きたいと思い、学校を探し始めました。その頃、いとこに軽度の構音障がいがありリハビリを受けていると聞きました。担当の先生は子どもが興味を持ち、飽きさせないように工夫してくれていると聞きました。その結果、構音障がいは改善され、叔母が大変喜んでいました。いとこを担当してくれた先生のように、一人ひとりに合ったリハビリができる力をつけたいと思っています。

faqよくある質問

言語聴覚士の仕事内容は?
社会の中には、障がいや病気によって「話す」「聞く」「食べる」ことができなくなって困っている方が、
子どもから高齢者の方までいらっしゃいます。「ことば・きこえ・食事」の機能回復と向上をめざしたリハビリを行う
スペシャリストが言語聴覚士です。 言葉によるコミュニケーションのサポートだけではなく、
食べ物飲み物がうまく飲み込めない嚥下(えんげ)障がいや発音の障がいを持った人に対してのリハビリも行います。
その患者さんの問題の本質や病気のメカニズムを分析するために検査や評価を行い、その患者さんに適したリハビリ、
訓練を判断し、実際に計画・実行します。 言語聴覚士の仕事は、身体機能の回復運動をするのではなく、
個室で1対1で話をしたり、作業をしてもらうということが多くなります。機能を上げるリハビリと、
前向きに訓練に臨んでもらえるよう患者さんの心のサポートをする仕事です。
仕事の一日の流れは?
言語聴覚士は、病院や福祉・教育施設など様々な場所で活躍します。ここでは、一般的な主な1日の流れを紹介します。 まず出勤するとミーティングに参加します。このミーティングでは看護師、介護士、リハビリスタッフなどが
患者さんの情報共有をしており、他職種スタッフが患者さんにどのようなことをしているのか知ることができ、
そうするとスタッフ同士の伝達がスムーズになります。 ミーティング後は仕事の準備をし、
午前中のリハビリの時間になると患者さんにリハビリ、訓練を始めます。
お昼時間になると、患者さんがきちんと食事ができているか、むせていないか、今食べている物は今の状態に
合ったものなのか、量は適量なのかなどを判断する「食事評価」を行います。その後、昼食憩を取り、
午後も同様にリハビリを行います。 訓練が終了するとカルテを書き、患者さんの状態の把握、次はどんなリハビリにするかの計画などを立てます。日によって患者さんの数は異なりますが、1日のうち多くの時間をリハビリに
あてることになります。勤務時間は、勤務先やスタッフの数にもよりますが大体8:30~17:30頃のところが多いです。 入院・通院の患者さんをみる病院などでの勤務の場合、急患の対応ではなく決まった時間にリハビリをすることが
多いので、1日の流れが比較的決めやすくなります。定期的に休みが取れたり夜勤も基本的にない仕事なので、
規則正しい生活リズムにしやすく働きやすい環境となっています。
言語聴覚士の活躍の場はどんなところ?
言語聴覚士が活躍している多くは、病院やリハビリテーションなどの医療機関です。
具体的には、総合病院や大学病院のリハビリテーション科、口腔外科、耳鼻科などが挙げられます。
通院・入院の方のリハビリを担当するので、1日中リハビリを行うことが多くなります。
また老人保健施設などの介護福祉施設、保育園や小学校などの教育機関などでも働くことができます。
福祉施設では利用者の方の日常生活に寄り添いながら訓練を行うため、リハビリをうまく日常に取り入れていき
利用者の方の精神的負担を少なくしてリハビリに臨んでもらえるようにしていきます。
医療機関だと医師や看護師など、介護福祉施設だと介護福祉士や他リハビリスタッフなど、
言語聴覚士は他職種の方との関わりも多くあり、コミュニケーションを図りながら
患者さんによりよい医療サービスを提供できるよう努めます。
言語聴覚士のやりがいは?
言語聴覚士は、さまざまな障がいや病気を抱える患者さんと向き合い、その方がよりよい人生を送れるように
サポートします。はじめは訓練に前向きでなかった方が、徐々に心を開いてくれて自分にだけ話をしてくれるように
なったり、少しずつ症状が改善されていく様子を一番近くで感じられます。
身体的なリハビリと異なり、ちょっとした会話も雑談ではなく訓練としてのことばのやり取りを行います。
患者さんの心理状態や不安について理解するため、訓練をきっかけにして患者さんと少しずつコミュニケーションを深めていきます。
このように人対人の関係づくりをし、一人ひとりの患者さんと向き合い、サポートしていきます。
人の役に立ち、感謝され、それを仕事としてやっていけるやりがいのある職業です。
言語聴覚士は、どうやったらなれますか?
「言語聴覚士」として働くためには、言語聴覚士の国家資格を取得することが必要です。
高等学校を卒業してすぐ養成校に入学する場合は、
大学もしくは専門学校(3年制もしくは4年制)で学ぶことになります。
4年制大学を卒業された方は、大卒課程のある養成校で2年学ぶことで、言語聴覚士の受験資格が取得できます。
受験資格取得後、国家試験に合格し、言語聴覚士名簿に登録すると言語聴覚士の資格証を交付され、
言語聴覚士として働くことができます。
国家資格について詳しく知りたいです。
言語聴覚士の国家試験は、毎年2月中旬~下旬頃に関西では大阪で実施され、3月下旬に合格発表があるので、
養成校の卒業直前に受験準備をすることになります。 試験科目は、基礎医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、
心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、失語・高次脳機能障害学などがあり、合格率は全国平均で約65%で、
例年約2,000人ほどの方が合格しています。きちんと試験対策をして過去問題を分析し、
自分の把握度合いを確認していかなければ簡単に合格できない試験と言えます。
本校では、滋慶学園グループの国家試験センターのサポートを受けることができます。
全国にある専門学校の学校・学科の枠を越えた学校間の連携が可能で、インターネット上で自分の好きな時に学べる
「J-WEB」システムを使用することができます。また、同じ分野を教える学校同士が協力し、試験の傾向、
学生の能力・動向といった情報を収集・分析。最適なカリキュラムと学習法を構築し、
全員合格を目指して国家試験に向けた授業のサポートを行います。
言語聴覚士に向いている人はどんな人ですか?
患者さんの口の動きや発音から意思を読み取ったりする必要があるため、「観察力」が求められる職業だと思います。
また幅広い年代の方と接するので、「人」への興味・関心があることも重要です。
医療の勉強についていけるか不安です。
本校では、プロの言語聴覚士になるため、ゼロから授業を始めます。高校時代、文系だった人も理系だった人も、
商業高校・工業高校出身の方も、色んな方がご入学される予定です。国家資格を取るための授業はもちろん、
臨床実習や国家資格対策講座などを行い、自信を持って資格取得に臨めるよう一人ひとりサポートします。
担任制なので気軽に先生に何でも相談でき、また自習やグループワークができる環境を整備しているので、
「医療の勉強は初めて」という方でも安心して学んでいただけます。
高校では、文系と理系どちら選べばいいですか?
言語聴覚士になるための勉強は、医療的なもの、心理的なものなど様々です。「文系理系」でくくることが難しいので、
高校時代はご自身が学びたいことを選んでいただいてOKです。
ただ、教科書を読んだり国家試験の問題を読む際に「文章の意味を的確に捉える力=読解力」が必要となるので、
本を読む習慣を身につけておいた方がいいかもしれません。
3年制のメリットは?
言語聴覚士の養成校は、大学や4年制専門学校、3年制専門学校などがありますが、どれも目指す国家資格は同じ
「言語聴覚士」です。 本校は最短の3年制課程で、国家資格を取得すること、現場で即戦力となれる
コミュニケーション力を身に付けた人材を養成することを目標にカリキュラムを構成しています。
1年ごとの教育目標を明確にして、科目と科目の連携を強化したカリキュラムで3年間で効率良く
ステップアップしていきます。また、同じ年齢でも4年制に進んだ方より1年早く現場で働くことができるので、
4年制の方が就職したときには「先輩」として指導することになります。実務経験を少しでも長くすることができるのは
3年制のメリットと言えます。
大学と専門学校の違いはなんですか?
大学も専門学校も、目指す国家資格は同じ「言語聴覚士」です。
専門学校は、業界・仕事と直結した教育機関になるので、学んだことすべてが仕事に活かせます。
一般教養ではなく、国家資格のための授業、臨床実習、コミュニケーション力を付けるための
カリキュラムに特化しているのが専門学校の特徴です。本校では、講義、演習、実習を3年間繰り返し行い、
学内にある「ことばと聴こえの相談室」、隣接する施設での「多世代交流プログラム」などで、
現場で必要とされる”生きた力”を身につけます。また、担任が一人ひとりをサポートしながら、
なりたい言語聴覚士像を明確にしていき、時期ごとに必要な気づきや課題を解決していきます。
在学中の「臨床実習」は、具体的に何をするのですか?
臨床実習とは、病院や施設などで行う現場実習のことです。
1年次は「見学実習」を1-2週間行い、言語聴覚士の一日の流れや患者さんの症例を見ること現場でを行います。
2年次は「評価実習」を6週間行い、患者さんの今の状態を評価し、必要な検査方法を選んで実施、考察を行います。
3年次は「臨床実習」を8週間行い、患者さんの状態を評価し、考察し、訓練のプログラムを計画し、実施します。
臨床実習では患者さんと直接触れ合うため、リアルに仕事内容や職場の雰囲気を感じることができ、
また就職するまでに具体的に仕事のイメージを持つことができます。
臨床実習の成果は、言語聴覚士としての専門的なリハビリサービスに直結するので、
現場力やコミュニケーション力などとても大切なチカラを身につけることができます。
学生生活の一日の流れは?
本校では9:10より1限目がスタートします。1コマ90分授業で、基本的に月曜~金曜まで1日4コマの授業を行います。時期によっては土曜日や5コマ目が入るときもありますが、カリキュラムを必ず事前に学生へ連絡しますので、
アルバイトや自習のスケジュールが組みやすくなっています。また、学園祭や球技大会などの行事を通して
学生同士で計画したりコミュニケーションを図る場を設け、学生生活を豊かなものにします。
オープンキャンパスではどんな体験ができますか?
本校のオープンキャンパスでは、現場で活躍している現役の言語聴覚士の方に来ていただき、
現場の「今」を伝えています。最新の言語療法についてや、ご自身の学生時代にしていた勉強方法、悩み、
進路の進め方など直接聞くことができるのが本校ならではのオープンキャンパスです。
また、職業体験の内容も毎回異なり、脳の障がいや小児リハビリ、失語症など様々な内容を行うので、
何度参加しても新たに学べることがたくさんあります。また、体験型以外でも個別で進路や学費の相談をしたいという方、
短時間で知りたいことだけ聞きたいという方には「学校説明&進路相談会」、
平日に希望の時間で個別相談をしたいという方は「入試相談会/新校舎見学会」があります。
みなさんの知りたいことやご希望に合わせて参加していただけるイベントを複数ご用意していますので、
進路選択にご活用ください。
詳しい開催日程・内容はこちらから▼
https://www.hmc.ac.jp/event

Blog言語聴覚士科ブログ

  • 2018年05月13日(日)

    医療事務から言語聴覚士へ。「こんな仕事ほかにはない」と思った体験談

    詳細へ
  • 2018年04月27日(金)

    言語聴覚士の先生紹介☆

    詳細へ
  • 2018年03月06日(火)

    地域で活躍されている言語聴覚士の先生にインタビューさせていただきました

    詳細へ
  • 2018年02月28日(水)

    地域を支える言語聴覚士の先生へインタビューさせていただきました

    詳細へ

Open Campus姫路医療専門学校に行こう!

姫路医療専門学校では、学校説明会や職業を体験できるオープンキャンパスなど様々なイベントを
開催しています。是非、一度イベントに参加してみて、姫路医療を体験してみてください!

直近のイベント

  • 言語聴覚士科2018年05月31日(木)

    社会人・大学生のための【平日】進学相談会

    詳細へ
  • 言語聴覚士科2018年06月02日(土)

    学校見学会・進路相談会

    詳細へ
  • 言語聴覚士科2018年06月03日(日)

    「言葉うまく出てこない」 失語症について学びましょう

    詳細へ
  • 言語聴覚士科2018年06月05日(火)

    社会人・大学生のための【平日】進学相談会

    詳細へ

Speech-Language-Hearing Therapist 言語聴覚士科をもっと知ろう!

2018年4月開校予定、学校の内容をもっと詳しく知りたい方はパンフレットを請求頂き、オープンキャンパス、
または個別説明会でご来校頂き、ご相談くださいませ。是非、姫路で最新の医療教育に触れてみてください。

  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
【交通】JR姫路駅東口より東へ徒歩7分
※2018年6月中旬以降に駅連結歩行デッキが完成します
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

JR姫路からの迂回経路はこちらをご参照ください。
JR姫路駅からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士専科<昼間部2年制>
※4年制大学卒業(見込)者対象