アクセス 高等教育の修学支援新制度 情報公開
MENU
CLOSE
最新情報

9/26(日)AO適性診断エントリー受付中

PAGETOP

臨床工学技士科 BLOG

  • トップ>
  • ブログ一覧>
  • 臨床工学技士の将来性「これから臨床工学技士はどうなっていくの?」
2019.11.21 (木)臨床工学技士科

臨床工学技士の将来性「これから臨床工学技士はどうなっていくの?」

いつもブログをご覧いただき
ありがとうございます。

臨床工学技士科教員の三村です。

最近は社会人や大学生の方で、
臨床工学技士になりたいという方が
増えてまいりました。

そんなときに

『臨床工学技士の将来はどうなりますか?』
『臨床工学技士を目指して大丈夫なのですか?』

という質問を頂きます。

そこで今回のブログでは、
学び直しをご検討の大学生や社会人の方に
臨床工学技士の将来性を分かりやすく
お話いたします。

臨床工学技士を目指すかどうか悩んでいる
高校生も是非参考にしてください!

 


◆臨床工学技士誕生の歴史

まず臨床工学技士の歴史を
少し振り返ってみましょう。

臨床工学技士法が制定されたのは1987年…
今から32年前になるんですね。

たくさんある医療職の中では、
比較的新しい職種となります。

参考:
臨床検査技師法(1958年)
診療放射線技師法(1968年)

臨床工学技士が誕生した背景には
医学の発展に伴う医療機器の高度化がありました。

技術革新が進み、機械の操作や
修理がどんどん難しくなっていたのです。

複雑化する機械にドクターは
お手上げ状態となりました。

そこで、医学的・工学的な知識を持ち合わせた
医療機器の専門家=臨床工学技士が誕生したのです。

業界からよほど強いニーズがあったと
いうことが窺えますね。

そしてそのような社会的需要は
現在も衰えておりません。

実際に人工心肺装置、人工呼吸器、
血液浄化装置といった生命維持管理装置を
安全に操作・管理するスペシャリストとして
病院の中で欠かせない存在となっているのです。

臨床工学技士なしには
病院は回らない
、ということです!

でも、それは『今』だけではないのか?
将来的には臨床工学技士は
不要になるのではないか?

そんな不安を抱えておられる方も
いらっしゃるかと思います。

そこで、これから臨床工学技士を取り巻く環境が
どう変化していくのかをお伝えしましょう。

 

◆医療機器開発へ

実は今、臨床工学技士の業界は
大きく変わろうとしています。

まずは医療機器開発への参画です。

日本政府が日本再興戦略として
アベノミクス3本の矢を立て経済再生を目指し、
これらの政策が近年の医療機器開発ブームの引き金となっています。

“臨床”と“工学”の両方の知識を併せ持つ
臨床工学技士は、医療機器開発において
Needsの収集とSeedsの架け橋となれる存在

現場がどんな機器を求めているのか、
そして医療機器メーカーがどんな
製品を売り込みたいのか、
この両者の思いをきちんと汲み取り、
両者から重宝されるというわけなのです✨

今後、様々なものづくりの現場で
臨床工学技士が専門性を活かした
医療機器開発に携わり、
貢献していくことが求められるでしょう。

 

◆新たな業務の展開/在宅医療への進出

また、現在厚生労働省では医師の働き方改革や
タスクシフティングが検討されており、
臨床工学技士にもその影響が及んでいます。

今後、臨床工学技士が医師の業務の一端を担う事で
今までにない新たな業務展開
想定されているのです。

例えば…。
臨床工学技士のお仕事のベースとなる、
臨床工学技士の業務指針も
約10年ぶりに改訂される見込みです。

近年、臨床工学技士の活躍が
目覚ましい内視鏡業務、在宅医療業務が
業務指針改定のポイントとなりそうですね。

このように患者さんのみならず、
医師からも必要とされているのです

さらに、10年前では想像も出来なかった事ですが…。

2025年問題に向けて
“地域包括ケア”が叫ばれていますね。

近年では医療機器にもIoTが応用され、
その保守管理や操作をするために
臨床工学技士の在宅医療への進出
期待
されています。

住み慣れた地域や街で、在宅医療に携わるという
新しい働き方ができるという事です。

まさに働き方改革ですね!

 

◆海外での人材育成

もう少し視野を広げてみましょう。

医療の発展と言えば、日本だけに限らず
発展途上国や新興国の経済成長は著しく、
医療水準も向上しています。

こういった国々でも
医療機器の需要が高まっている一方、
適切に医療機器を操作し
保守管理を行う専門家の人材が
不足しているのが現状です。

今後は日本の臨床工学技士が
国際交流の一環として、
発展途上国や新興国における人材育成という
重要な役割を果たしていくと考えられます。

国内だけではなく、
世界から臨床工学技士は求められる、
そんな未来がもうすぐそこまで来ているのです。

簡単にお話ししただけでも、
臨床工学技士が多くの可能性が秘めている事が
分かって頂けたかと思います。

医療機器メーカー、在宅医療
海外での人材育成といった様々な働き方の中から、
皆さんに合った ”臨床工学技士” を目指して頂けたら、、、と思います!

 

▼シゴト体験ができるオープンキャンパスはこちら

▼1~2分の動画で仕事のことを知りたい方はこちら

▼カリキュラムや仕事内容について詳しく知りたい方はこちら

▼学校案内がほしい方はこちら

  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス
  • スマホdeオープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

【交通】JR姫路駅東口より歩行者専用デッキで徒歩4分
※JR姫路駅東口からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>