臨床工学技士科 BLOG

  • トップ>
  • ブログ一覧>
  • 現役 女性 臨床工学技士にインタビュー “姫路聖マリア病院 谷 三恵先生”
2017.08.13 (日)臨床工学技士科

現役 女性 臨床工学技士にインタビュー “姫路聖マリア病院 谷 三恵先生”

こんにちは、入学事務局の笠原です。

7/30にピオレ姫路で開催した【臨床工学技士科 スペシャルオープンキャンパス】に

“姫路聖マリア病院”で臨床工学技士として活躍されている “谷 三恵先生” が来てくださいました。

女性 臨床工学技士の視点で、お仕事のこと、臨床工学技士になるまでのこと、いろいろ伺いました♪♪

Q. 臨床工学技士を目指されたきっかけを教えてください

医療系の仕事がしたいと思った時に、看護師ではない仕事を本屋で探したときに臨床工学技士という資格を知りました。そこに、『縁の下の力持ち』というフレーズに心を打たれ、目指そうと思いました。

Q. 高校時代は文系/理系どちらでしたか?

高校は商業高校だったので文系・理系ではなかったです。勉強内容としても理系の方のほうが有利かと思いますが、養成校で全て教えていただくので文系の方でもやる気があれば大丈夫です。

Q. 養成校時代、学生生活で苦労したことは何でしょうか?また、どのように乗り越えられましたか?

私は姫路医療のグループ校の養成校(専門学校)を卒業しました。1年目は工学系の基礎勉強となる、数学・物理の理系科目が多かったので高校時代勉強されている人と違い、一からの勉強であった為少しスタートが遅れましたが、2・3年は医学系・医用工学系とみんなと同じレベルからのスタートだったので、自分だけ置いてきぼりになったりはしなかったです。

また科目ごとにまとめた物をみんなで共有し、試験前はクラス委員長中心に居残り勉強をしました。わかる人がわからない人に教えるような体制をとっており、得意分野もそれぞれ違うのでお互い教え合いっこしていました。

Q. 現在の仕事のやりがいや魅力を教えてください

私が現在担当している業務に関わる患者さまは延命治療や対処療法など、完治して帰られる患者さまは少ないです。長期にわたり治療に携わることが多いので、体調がよくなったという言葉や感謝の気持ち頂けるだけで、微力ながら力になれたのかと思い、日々の糧にしています。

Q. 臨床工学技士は女性技士が少ないイメージですが、女性技士でも活躍できますか?

全体的に男性技士は多いですが、女性技士にしか出来ない事もあります。女性患者さまから女性技士にお願いしたいという声は現場ではたくさんあり、男性技士が介入出来ない分野もあるので、物腰が柔らかく細やかな配慮が出来る女性技士が活躍する場は増えています。

Q.結婚、育児と仕事の両立について不安がありますが、大丈夫でしょうか?

私も結婚していますし、職場の先輩女性技士は子沢山で、育児と仕事を両立させ頑張ってくれています。私の所属する課では無理をしないようにみんなでみんなをフォローするような体制になっていますので、安心して産休・育休をとろうと思っています。

Q.これから医療職、臨床工学技士を目指す学生へメッセージをお願いいたします。

医療職の中でも認知度は低いイメージがあると思いますが、現場では臨床工学技士の存在は高く評価されていると私は思います。資格の歴史もまだ新しい分、更に仕事は増えていく分野でもあると思います。理系や医療系の勉強に不安あるのであればそれは問題ないです。養成校でしっかり教えてもらえるので安心してください。

少子高齢化時代において安全に医療機器の操作を提供で出来る臨床工学技士は必要な人材です。一人でも多くの臨床工学技士さんが増えることを願っています。

谷先生、いろいろお答えくださり、ありがとうございました。

またオープンキャンパスにお越しいただく時はみんさんにお知らせしますので、楽しみにしていて下さいね!!

 

  • 詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら詳しいカリキュラムをお送りします! 資料請求はこちら
  • お気軽にご来校ください! オープンキャンパスお気軽にご来校ください! オープンキャンパス

学校紹介 SCHOOL INFO学校紹介 SCHOOL INFO

学校名 姫路医療専門学校
所在地 〒670-0927兵庫県姫路市駅前町27番2
tel.0120-616-1870120-616-187079-226-8115079-226-8115 fax.079-226-8116

【交通】JR姫路駅東口より歩行者専用デッキで徒歩4分
※JR姫路駅東口からのアクセスのご案内
学科 ■作業療法士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士科<昼間部3年制>
■臨床工学技士科<昼間部3年制>
■言語聴覚士専科<昼間部2年制>
※4年制大学卒業(見込)者対象